メインイメージ画像

京都のデリヘル嬢と相互オナニー

オナニーをあえて管理されたいというのは、いったいどのような嗜好の人々なのでしょう?現在まさに射精管理を受けているという、M男性のF氏(会社員)に話を聞いてみましょう。私射精管理というのは、やはりデリヘル嬢にやってもらうものなのでしょうか?F氏(F):僕の場合は違いますね。デリヘルに通うお金がないってわけではないんですよ。ただ僕の住んでいる地域には、デリヘルがないんです。確かに、東京や京都などの大都市は、ありとあらゆる特殊風俗が身近にある環境ですが、地方都市の場合はそうもいかないでしょう。

F:それに、素人の一般女性に管理されたほうが興奮しますよ。普通の女性に管理されているってことは、自分が普通にも満たない変態なんだってことが実感できて良いんです。素人の一般女性はどこで見つけるんですか?F:以前はSNSを使っていましたけど、最近はツイッターですね。SNS上で射精管理してもらっているので、公開管理されているってことも興奮につながるんです。具体的に、どんなふうに管理されているんですか?F:〇曜日まではオナ禁……みたいな感じで命令を受けて、その日までは、オナ禁の葛藤等をリプライします。

解禁日には、どれだけ溜まっていたか等を報告して、それをねぎらってもらう感じです。女性側にとっては、F氏が本当にオナ禁しているか、確かめる術がないですよね。F:射精管理に限らずですけど、ネット上の交流って、見えない部分を疑い出したらキリがないですよ。信頼関係あってこそ楽しめる遊戯のようです。

更新情報